出会い系サイトにサクラがいる理由を徹底解析

4月, 2016年

趣味の内容にも気を配れ

2016-04-05

“出会い系サイトのプロフィールを記入する場合、なるべく明るくさわやかな感じになるよう気をつけましょう。
趣味が読書、ゲーム、パソコンで、休みの日はほぼ家にいて、仕事が忙しくて辞めたいと思っています…と書いてあったら、その人と会いたいとは誰も思わないですよね?
趣味の部分に、全くやったこともないスポーツなどを書くのは、あとでバレたときに不信感を持たれるのでやめた方がいいですが、家のDVDで映画を見ているのを映画鑑賞と言ったり、家のテレビで野球を見ているのを野球観戦として趣味に入れるくらいは大丈夫だと思います。
実際、デートまで漕ぎ着けたら、映画館や野球場まで行けばいいんです。
また、趣味とは、必ずやったことがあるもの、凝っているもので無ければいけない事はありません。
野球観戦一つ取っても、球場によく足を運びます、一緒に行きませんか?というノリも一つでしょうが、それだけではありません。
野球を見るのは好きだけど、まだ球場には行ったことがないのです、良かったら一緒にいきませんか?なんていう流れでも良いのです。
美味しいものが好きで、食べ歩きが趣味と言うのもかなり異性受けする趣味でしょう。
これに関しても無理をしないようにしなければなりません。
食べたことがないものに関して「美味しいから今度一緒に行きましょう」と言えたらいいのですが、行ったことがない、または経験がない場合などは、「ずっと行きたいと思っていたのです。」という流れでも問題ありません。
また、自分の性格などについても、友達からは楽天的だと言われますとか、自分では普通のつもりだけど、結構面白いと言われていますといったフレーズを使うと好感を持たれます。
男性の場合、「時々料理を作ります」と、家事力をアピールすると、女性は「優しい人」という安心感を持たれます。
また、メールを送る時間も、相手の状況を考えて気を配りましょう。
相手が学生なら、午後3時過ぎが一番暇な時間と思われるので、その頃にメールを送ります。
会社員の場合は午後5時過ぎがいいでしょう。また、メールのやりとりが何回か続き始めたら、朝8時半ごろは起きた後か移動中なので、朝の挨拶をするのにいい時間でしょう。”

出会い系サイトの利用料金

2016-04-05

“ひと口に出会い系サイトといっても、PCサイトもあれば携帯サイトもあります。
どちらでも検索すると膨大な数の出会い系サイトが見つかります。
最近では、出会い系サイトがあふれかえっていて、どれを選べばいいか分からないといった人も増えているようで、出会い系サイトの選び方や使い方のコツなどを紹介したサイトもたくさんあります。
出会い系サイトの中には、女性はサクラしかいなくて課金さえすればメールは何回でもできるけど、会おうというと返事がピタッと来なくなるという悪質サイトもあるので、登録をするときにはよく見極めなくてはいけません。
一般的に、ヤフーやライブドアなどの大企業が運営している、パソコンの出会い系サイトは安心と言えるようです。
なぜなら、最初は登録料が不要で、アプローチメールも基本的には無料だからです。
ヤフーやライブドアの出会い系サイトは、気に入った相手が見つかって、相手とメールの交換ができるようになってから料金が発生します。
それも、メール1通に対していくら…というような課金制ではなく、月額3,000円程度なのでサクラがいる可能性も低く安心です。
また、登録するサイトの情報だけでは確実性に欠けてしまいますよね。
どの出会い系サイトも、「絶対出会える」だとか「お金はかかりません」だとかプラスのことばかりを書いていますが、実際には登録してみなければ分からないこともたくさんあります。
そのサイトの情報だけではなく、出会い系サイトを実際に利用している方の口コミ情報なども仕入れるようにしておきましょう。
特に、成功事例ではなく、ブラックであると噂になっている出会い系サイトに関しては、登録をしない方が良いです。
出会い系サイトからすれば、ブラックである噂が広まるだけで会員数が激減しますから、優良なサイトであればあるほど、紛らわしい料金設定などをしないようにしています。
しかし、無料であるがゆえに登録している人も多く、そうなるとライバルも多いわけで、登録した後はそれなりにプロフィールやメールの文面を工夫したりする努力が必要です。
ただ、新たな出会いを求めているのであれば、そのくらいの苦労は面倒がらずに頑張ることをおすすめします。”

出会い系サイトの設定

2016-04-05

出会い系サイトのナンパの達人、よっちゃんの話の続きです。
女性のターゲットを絞り込んでも、相手が反応してくれないと意味がありません。
そのため、相手が反応しやすい言葉を自己PR欄に書かなければならないのです。
ここがもっとも重要なポイントになります。
「出会い系サイト」は顔や声がわからないために、第一印象は「文字」によらなければなりません。
「PR欄になにを書くかでまったく、変わってきます。まず投稿したきっかけですが、紳士的に書くことですね。下心を出してしまうと敬遠するのが普通です。仮に、反応があったとしても、サクラか逆に危ない場合もあるでしょう」
たしかに何をきっかけにそのサイトに登録したのか、というのは「出会い系サイト」の利用者なら知りたいところです。
相手がどういう人なのかイメージしやすい一つでもありますね。
「プロフィールはの僕という人間をイメージできるような内容にしなければなりません。たとえば『会社員です。出会いを求めています』ではダメです。会社員であったとしても、どういう仕事をしているのかを書いたほうがいいです。」
「自己PRに行動力を入れたり、性格が前向きなことをいれます。『出会い系サイト』を利用する女性は、高学歴でよい会社に入っていますがダメな男をたくさん見ています。そういう男とは、違うということをアピールするわけです。」
「あまり重いのはダメですが、人生観も入れたほうがいいです。例えば『自然が好きで、自然環境を守りたい』ではなくて、『アウトドアが好き』のほうがいいでしょう。何度もやるうちに自分なりの文章ができました。」
メールでのやり取りや会話でも、よっちゃんは会えるかどうかのポイントとしています。
「ノリですね。というのは返事がくるまでの時間。返事があるまで10分です。途絶えることもありますが、それは相手が忙しいとか生活のリズムが不定期とか、復活したときに『××していました』と伝えて相手が納得できればいいです。」
「どれだけ自分の情報をオープンにしてくれるか。多ければ多いほどいいのです。そしてそれが嘘でもいいのです。ただ、自分が知りたい情報は自分から教えます。」
出会い系サイトのプロフは最重要ということですね。

出会い系サイトナンパの達人

2016-04-05

出会い系サイトで次々とナンパに成功している男がいます。
それも相手はきれいな女性ばかりというのです。
ネットナンパのカリスマと呼ばれるよっちゃんの話を聞いてみました。
よっちゃんが出会い系サイトを利用するようになったのは3年前からです。
それは刺激的なことを求めていたからです。
しかし、当初、よっちゃんは出会い系サイトに対して、良い印象をもっていたわけではありませんでした。
「『出会い系サイト』の事件が頻発したじゃないですか。だからとくに携帯の『出会い系サイト』は危険という印象がつよかったんです。メールアドレスを相手に知られたりするので、身元がばれたり、個人情報の流出があるんじゃないかって思ってました」
そんな印象を持っていたよっちゃんですが、友人が「出会い系サイト」でよい出会いを経験したことにより、利用してみるようになったのです。
転職して、女性が多い職場から、ほとんど女性との出会いがない職場になったのも影響していたようです。
「友人から紹介されたサイトでナンパしてみたんです」
最初は月に一人の女性と出会い、体の関係を持つことができたら「成功」でした。
とはいっても、女性至上主義で、男性が不利な「出会い系サイト」の現状を考えれば、月に一人の女性と出会うことを繰り返すことは、それでも男性にとっては至難のわざかもしれません。
ただ、よっちゃんは「刺激的なこと」を求め、一人の女性をナンパするのではなく、「好みのタイプ」をはっきりさせることで、返信してくる女性の幅を狭くしているのです。
それはタイプではない女性とのメールをする手間を省くことができることになります。
それに、よっちゃんは不特定多数の女性との出会いを求め、そこから刺激を得ているのです。
「女性も仕事と同じで常に新規開拓です。それに質の向上です。年間150人の女性を会っています。平日会えるのが条件です。家族もいるので。その中で50人を食っています。新宿や渋谷、表参道で待ち合わせができる人でないと会いません。」
「その地域は僕が詳しいということホテルがあるということです。『ここにいけば何かがある』とわかっていないとね」
出会い系サイトのナンパの達人はやはり流石ですね。

検索

最新の記事


アーカイブ

Copyright(c) 2016 出会い系サイトにサクラがいる理由を徹底解析 All Rights Reserved.