出会い系サイトにサクラがいる理由を徹底解析

出会い系サイトの設定

2016-04-05

出会い系サイトのナンパの達人、よっちゃんの話の続きです。
女性のターゲットを絞り込んでも、相手が反応してくれないと意味がありません。
そのため、相手が反応しやすい言葉を自己PR欄に書かなければならないのです。
ここがもっとも重要なポイントになります。
「出会い系サイト」は顔や声がわからないために、第一印象は「文字」によらなければなりません。
「PR欄になにを書くかでまったく、変わってきます。まず投稿したきっかけですが、紳士的に書くことですね。下心を出してしまうと敬遠するのが普通です。仮に、反応があったとしても、サクラか逆に危ない場合もあるでしょう」
たしかに何をきっかけにそのサイトに登録したのか、というのは「出会い系サイト」の利用者なら知りたいところです。
相手がどういう人なのかイメージしやすい一つでもありますね。
「プロフィールはの僕という人間をイメージできるような内容にしなければなりません。たとえば『会社員です。出会いを求めています』ではダメです。会社員であったとしても、どういう仕事をしているのかを書いたほうがいいです。」
「自己PRに行動力を入れたり、性格が前向きなことをいれます。『出会い系サイト』を利用する女性は、高学歴でよい会社に入っていますがダメな男をたくさん見ています。そういう男とは、違うということをアピールするわけです。」
「あまり重いのはダメですが、人生観も入れたほうがいいです。例えば『自然が好きで、自然環境を守りたい』ではなくて、『アウトドアが好き』のほうがいいでしょう。何度もやるうちに自分なりの文章ができました。」
メールでのやり取りや会話でも、よっちゃんは会えるかどうかのポイントとしています。
「ノリですね。というのは返事がくるまでの時間。返事があるまで10分です。途絶えることもありますが、それは相手が忙しいとか生活のリズムが不定期とか、復活したときに『××していました』と伝えて相手が納得できればいいです。」
「どれだけ自分の情報をオープンにしてくれるか。多ければ多いほどいいのです。そしてそれが嘘でもいいのです。ただ、自分が知りたい情報は自分から教えます。」
出会い系サイトのプロフは最重要ということですね。

関連記事:

←「」前の記事へ  次の記事へ「」→

検索

最新の記事


アーカイブ

Copyright(c) 2016 出会い系サイトにサクラがいる理由を徹底解析 All Rights Reserved.